白髪の予防に効くマッサージ

私たちの髪の毛の色は、髪の毛の皮質に含まれているメラニン色素によって決まっています。
さらにこのメラニン色素を作り出しているのが色素細胞と呼ばれる細胞なのですが、色素細胞がない状態で生えてきた髪の毛が白髪となります。

色素細胞が弱ってしまうのには原因がさまざまあります。まずどうにもならないことは加齢による衰えです。
ですがこれだけでなく、睡眠が不足していたり喫煙が多い、ストレスがたまっているといった生活の環境に、よっても色素細胞は育たなくなります。

ですので白髪の予防には、規則正しい健康な生活を心がけることが一番です。そうしておいても年をとることには逆らえません。
そういう場合にはツボをおして白髪を予防してみてください。効果があるとされるツボはまず頭頂部にある百会というツボです。

PH132_198

左右の耳をつなげる線と眉間から頭頂部に向かって真上に引いた線がちょうど交わるところに百会はあります。
これを中指でぎゅっと押してください。押したまま首ごと頭を後ろに下げるとさらに効果を発揮します。

頭のほかに足にも効果があるツボがあります。足の指を内側に曲げいれると足の裏に人という文字のようなシワができます。
この人という文字の交点に湧泉と呼ばれるツボがあります。このツボは髪の毛の若返りそのものを促してくれますので効果が期待できます。

ツボへの刺激は血流をよくし、丈夫で健康な髪の毛を生やすことにつながります。30秒ほどのマッサージを1日に数回で健康な髪の毛を手にしてください。