白髪染めの仕組みについて

白髪染めの仕組みについて、簡単に説明させていただきます。
男女を問わず悩みの一つになる可能性のあるものが、白髪です。

加齢などに伴って起こるもので、気にならない方は問題ありませんが、気になってしまう方や、
西葛西などの都会の忙しい仕事などの関係で清潔感がないなどと考えている方にとっては、非常に重要な悩みとなります。

この悩みを解決する方法に、白髪染めを用いて、色を変えてしまう方法が挙げられます。
この仕組みとしては、基本的にヘアカラーなどと同様で、永久的に染めることができるようになるものとなっています。

白髪を染めることに特化していることから、一般的な美容室のヘアカラーとは成分の配合などが違ってきています。
購入したことがある方は見たことがあると思いますが、基本的には1剤と2剤に分けられています。

1剤は酸化染料やアルカリ剤となっており、2剤は酸化剤となっています。
この2つを混ぜ合わせると、1剤の成分が酸化して黒色などの色に発色するようになります。

混ぜ合わせた後、毛髪に塗ることになります。毛髪に塗ると1剤のアルカリ剤が、毛髪のキューティクルを開くように作用します。
キューティクルが開いた後は染料が毛髪の内部に浸透するようになります。
1剤のアルカリ剤は、毛髪の本来持っている色を脱色させる効果があり、その後染料が髪の内部に浸透することによって染色することになります。

白髪染めはこのようにして、白髪を染めることができるようになっています。